ぽんのあれやこれや
自由気ままな書き綴り・・・備忘録メモひとりごと
http://kogepon.blog105.fc2.com/

 

2007 Wapiti Schedule
LEG 4:Pampart creek to Mount Deith cavell

8/24 4日目

だんだん細かな説明がなくなってくるのを実感しつつ・・・
MOOSEという旅の流れが分かれば説明することもないかと思いつつ・・・

moose16.jpg
天気のいい朝♪


アサバスカ氷河
moose17.jpg moowe18.jpg

ガイドとっておき?の場所
moose19_1.jpg moose19_2.jpg
moose19_3.jpg
今はどうか分かりませんが、この時分は本当に誰もいなくて、写真でみるより水がキレイで素敵なところでした。
まったりとした、それぞれの時間を過ごす。


↓はジャスパーの街が見渡せるところ
moose20.jpg
Maligne Canyonかな?

この後はLake Annetteというところで皆でBBQ。
食後は童心に帰ってHurling(ハーリング)で遊ぶ。
アイルランドを中心に行われているらしい・・・デリクがアイルランド人。
遊ぶのに夢中で誰も写真を撮ってなかったw

泊りはMt.Edith Cavell Hostel
 
2007 Wapiti Schedule
LEG 3:Banff to Pampart creek

8/23 3日目

レイク・ルイーズでは山登りのトレッキングがメインでした。
朝食を食べていない私は、登り始めからグデグデ。
「お腹すいた」を連発しておりました。

往復2~3時間のコースだったでしょうか。
山の途中、登る前にスーパーで購入した昼食(私はキッシュをチョイス)を皆で集まって食べました。
人数確認や頂上まで行くのかどうかの確認等をしていたのだと思います。
moose10_1.jpg

人間を怖がらないリスに食料を狙われながら食べる昼食でしたw
moose10_2.jpg

moose10_3.jpg moose10_4.jpg

moose10_5.jpg moose10_6.jpg
↓ほぼ頂上より
moose10_7.jpg moose10_8.jpg

その後クロウフット?へ・・・
moose11.jpg

今夜の宿
moose12_1.jpg

夜ご飯は皆でタコスを作って食べました。大人の合宿w
moose12_2.jpg

野生のビーバーを歩いて見に・・・
moose13.jpg
moose14.jpg

その夜はキャンプファイヤー♪→マシュマロ焼き付きw
moose15.jpg
 
2007 Wapiti Schedule
LEG 3:Banff to Pampart creek

8/23 3日目

am6:00起床
昨日はシャワー室が人で一杯でゆっくりできなかったので改めて朝一シャワーを浴びに行く。貸切!
出発はam8:00だからと余裕を持って全ての準備を整えたam7:00・・・今回は女子だけのドミトリー室内、自分のベットの上で「そろそろ朝ごはんでも食べるか~」と思っていところ、1日目2日目と一緒のバスに乗っていた「ベッカ」が話しかけてきた。

「どうしたの?もう8時よ?昨日8時に集合って説明されてたじゃない?もしかして私と一緒でここでもう1泊するの?」

私としては「なにー!?今8時!?」と焦りました。
実はトレバーが昨日のうちに時差の説明をしていたらしいのだが、そんな説明があったこと自体知らない私。どんだけ英語わかってないんだか。
時差の影響で1時間早まっているということを教えてもらい、何かわけのわかない言葉を発してベッカに笑われつつ、そのまま玄関まで走っていくことに。

とりあえずの準備が出来てて助かったぁ!

玄関出たところで、私の乗るバスのドライバーは冷静に待っててくれて笑顔で出迎えてくれたけど、もう他の皆は準備万端バスの中で待ってる状態でホンマに焦った。
皆笑ってくれて助かった。

バスに乗って出発してから気が付いたのだけど、朝食や水・お菓子がHIの冷蔵庫の中に置きっぱなし・・・。
食べ物以外の忘れものはなかったからよかったけど、朝食抜きっていうところではしんどい1日の始まり。

3日目から乗るバスはこんな感じ。バスというよりバン。
moose9.jpg
このバンにドライバー含む12人が乗り込みます。
ぎゅーぎゅーw

一番初めに立ち寄った湖がどこだったのか覚えてないけど、そこでそれぞれの自己紹介をしました。
MOOSEに参加しているのは若者ばかりと思うべからず!

2日目に隣に座っていた「アラベラ」とその彼氏「デビット」や、ビリヤードでペアだった「デリク」ともう一人の女性は私と同じような年齢なんだけど「リア」「バギド」「ティナ」「ティナの友達(名前わからない)」と「ローラ」は50~60の間と思われる年齢!
さらに「ローラ」は自分の母親を連れて参加してて、彼女はどう考えても見た目も70オーバー!!
凄い

そしてドライバーの「ライアン」27歳ナイスガイw
合計12人。

今回私が参加したこの「チーム」は平均年齢がとても高くて、それは珍しいことではあったみたいだけど、とても楽しかった♪
MOOSEの参加者は若者が多いけど幅広い年齢層が参加していて刺激になります。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

この「チーム」では3日目から6日目までの4日間(/9日間)を一緒に回りました。本当に楽しかった。
この旅の中では一番甘やかされていた4日間じゃなかろうか・・・
アジア人は「子ども」に見えるというのも関係しているだろうし、12人の中では一番チビで、英語がわかってなくて、英語が分かってないから話す言葉も必然的に幼稚になって・・・心配のタネだったのかも
(甘やかされてといっても、べったりくっついていてもらったとかではないですw)
あとは「チーム」の年長者が70オーバーだったからか、何かゆったりとした4日間だったようにも思います。それは言葉が未熟な私にとってプラスだったと思います。無理して何かをすることがなかった。楽しむところはめちゃくちゃ楽しんで休むところは休んで。英語圏の若者だらけだったら、もしかしたらそのテンションと早口に疲れてしまっていたかもw

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

自己紹介の後は腹ペコのままLake Louiseレイク・ルイーズ)へ!


*2007年8月MOOSEの旅-Wapiti-LEG3 part2
 
2007 Wapiti Schedule
LEG 2:Shuswap lake to Banff

8/22 2日目

am6:50起床
昨日のうちに購入しておいたパンで朝食をすませバスに乗り込む。

(mooseバスは食材購入のためスーパーなど必要なお店に定期的に寄り道します。その時ドライバーは買っておくべきものや、その日泊るところの設備など説明してくれるので、必要に応じて水やパンなど購入。泊るところの設備によっては調理が必要な食材も購入可能です。)

この日のバスの隣は「アラベラ」というオーストラリア出身の女性。

2日目は写真の記録からすると午前中ゴーカートを楽しんでおります。
moose3_1.jpg moose3_2.jpg
「ロバート」とデットヒート!自分の必死の形相にビックリwww
moose3_3.jpg moose3_4.jpg

写真はゴーカートに乗らないスイス人の女の子2人組に頼んで撮ってもらいました。
(荷物も預かってもらった!)

この後、昼食を経てNatural Bridge(ナチュラルブリッジ)とEmerald Lake(エメラルド湖)へ。

Natural Bridge
moose4-natural-bridge.jpg

Emerald Lake                  ↓の写真は、あまりの美しさに借りてきました。
moose5_1.jpg moose5_2.jpg

道中・・・右手に見えていた彼ら↓が
moose6_1.jpg
道を横断し
moose6_2.jpg
左手の断崖絶壁を登る様や
moose6_3.jpg
エルク?
moose8.jpg
ゴーファ?
moose7_2.jpg moose7_1.jpg
など見ることが出来ました。

今夜の宿はBanffのHI。
この宿にもパブがありそこで夕食を食べました。

3日目からはバスを乗り換えて8時に出発と教えてもらい就寝。
(英語が分かってないから危険と思われたのかバスが変わるっていうことを念入りに説明された気がする・・・)
 
2007 Wapiti Schedule
LEG 1:Vancouver to Shuswap lake

8/21 1日目

正直不安の方が勝るドキドキとともに、ツアーバスがやってくるという集合場所のVancouver DowntownにあるHI(Hostelling International)まで出向く。

am8:30・・・の予定時刻より遅れてバス到着。
バスのドライバー兼ガイドが、名簿を頼りに名前を呼んでくれるのを待つ。
最初、名前呼ばれてるだけなのに何言ってるんだか分からなくてドキドキしましたが、独特の発音で日本名が呼ばれ、ガイドも私も名前を名簿上に書いてあることを確認し、無事バスの中へ。

ふ~・・・

バスはこんな感じ (写真お借りしました)
moose-tour-bus.jpg

結構な人数乗ることができて何人乗っていたのか分かりませんw
20人以上はいたと思うんやけど。
とりあえず私の隣に座っていたのは「マロ」というヨーロッパ圏の女の子。
日本人は「ケンタ」という男の子が1人。

ドライバーは「トレバー」。
土地の説明したり、遊びの提案をしたりと色々話しながら運転してくれているらしいんだが、私には早口で何言ってるんだか全く分からなかった。

バスはVancouver Downtown出発後、Moose Travel Networkのofficeを経てBridal Veil Fallsへ。

moose1.jpg

そういえばバスに乗ってしばらくすると、やたらと「マロ」ちゃんが話しかけてくるな~と思っていたら、どうやらBridal Veil Fallsで「自分の隣の人」の紹介をすることになっていたから、らしく・・・

私は絵に描いたようなしどろもどろぶりを披露・・・

何を言ったのか今になったから覚えてないのではなく、当時も頭真っ白で何を言ったのか定かじゃない。
なぜか笑いを誘い、ツッコミを入れられた気がします。
自分がどうやって紹介されたのかも分からない・・・

Bridal Veil Falls出発後、みんなはバスの中で英語でしりとりやらやってましたが、私は参加してるんだか参加してないんだかで、答えを教えてもらったり寝たふりしたり・・・

そんなこんなしているうちに、今晩の宿Shuswap Backpackersへ。
(お昼ご飯や他に回った場所の記憶が抜け落ちてる

夕飯は宿のパブで、みんなで食べました。
どこの大家族なんだっていうくらいの大人数で楽しかったw
夕食後は「ビリヤードやるよ」と声をかけてもらったので、やったこともないくせに参加。
人数が多いので2人組になってトーナメントにするということで、ペアになった「デリク」に申し訳なく思っていたら、デリクはビリヤードがとても上手な人で優勝しちゃうという嬉しいハプニング。

moose2.jpg

その後はヒートアップしていくみんなについていけなくなり「寝る」と断りをいれ、笑われながら(英語が不自然すぎて面白いらしい)男女共同ドミトリーの自分のベットへ。
日が変わる前に眠ることが出来ました。
 
ぽん

ぽん

32歳を目前にブログ始めました。
京都在住。
のほほんのんびりマイペースでやっていく予定の自己満足ブログです。毎日の小さな初めて大きな初めて求めウロウロ・・・


YogaとHugへ

*クリックよろしくお願いします*


よろしくお願いします

人気ブログランキングへ
FC2ブログランキングへ

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

飲食店 レッスン案内 ヨガ スケジュール帳 手作りアクセサリー コーヒー アロマテラピー アロマ 

名前:
メール:
件名:
本文:

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 
Copyright © 2017 ぽんのあれやこれや, all rights reserved.
*Template By-MoMo.ka*