ぽんのあれやこれや
自由気ままな書き綴り・・・備忘録メモひとりごと
http://kogepon.blog105.fc2.com/

 

この話題に関しては長い間、書くことができませんでした。
この前のものは今年の2月でした。
自分の考えをまとめる行為なのだけれど悲しいことが重なり記録しておく気にもならず、そのままずるずると日々が流れていったような感じです。
今、また安定したように見せかけて、不安定な要素が出てきたので、記録しておきたいと思います。
 

more

2月から7カ月弱経過・・・

その間には、母と私が話すことができなかった日々が約5カ月含まれています。
4月からです。
これには私もかなりまいりました。
今もダメージをかかえています。
特に何か仲たがいをした(特別な何かがあった)ということはなく、急に挨拶に答えなくなりました。
正確には「ただいま」に対して返ってくる言葉が「はい」の一言だけという具合になりました。
一時、母は挨拶さえしなくなってしまいました。
とてもコミュニケーションを図ろうと思えるような雰囲気ではなく、私は基本的な挨拶「ただいま」「おやすみ」を続けることしかできませんでした。
母の意志によって答えは全て「はい」だけでした。
つらかったです。
気持ちは沈み、悩み、事象の整理を試みました。

先に「特別な何かがあったというようなことはなく」と書きました。
疑問に思われると思います。
本当に何もないのに、こんな異常な「常とは異なる」ことが起こるかどうか。
私には「口を聞かなくてもよい」と思われるほどの事は起きていません。
母には?

母には、自分の中に持っている家族像にしても「こうあるべき」という固い信念のようなものがあり、融通がきかないみたいです。
このままでは後悔なく毎日を送っていくことは出来ないと思い、また誰かに「相談」し母に対して働きかけを行ってもらうにしても、何も分からなかったので勇気を持って現状について話しかけた時に返ってきた答えが次です。
「あんたのやっていることは「家族」のように思えないからそのように行動した。これからもそうする。」。
母親の思う家族像というものが私とかけ離れている現実を、今までも見てきたはずなのに、思い知らされることとなりました。

「家族像」については生い立ちが関係していると思います。
幼少期からの思い出です。
今回は省きますが、母親の考える家族像には秘密ごとがないのが当たり前で当然のことだという強い思いがあるようです。
何も隠さなくていいというのは素晴らしいことだと思います。
絶対だとは思いませんが隠し事のない家族もいいと思います。

ここで母からみて、私が母を「家族だ」と認めていないような私の行動とは。
それは秘密裏に物事を進めようとすること。
今回の母の言動は主にこれを咎めたものになっていると思います。
黙り始める直前にあったことも、私が購入し持ち帰ってきて隠していた品物(私の靴と鞄)を母が見つけるという状況です。

私はもう30も過ぎた「大人」ですが自信をもって好き勝手することができません。
最終的に「好き勝手」しますが、自分のすることに対して家族(主に母親)から得られた評価で傷付いた過去の数々から、何かするにあたりその報告をしたくないという傾向にあります。
そのため家族に対して、くだらないことを秘密裏に実行します。
例えば買い物。
何か買ってきても、決して気持ちいい思いになることはないという思いにとらわれています。
実際、傷付いたのだと思います。
今になってまで(30もすぎて買い物のことで)嫌な思いをしたくないので隠してまで見つからないようにしようということになります。
だからといって、なんでもかんでも秘密裏にしているつもりは私にはありません。

しかし母には理解できません。
「家族なのに!」という思いが先立ち、私がなぜこのようになっているのか考えることができないようです。
家族だから隠し事しては駄目なのか・・・
(特に大人になって買ってきたものを隠していたらだめなのか・・・)
そういう決まりはありません。
確かにいいことではないと思いますが、咎め断罪するような内容ではないと思います。
私は、この行為が間違っていたとしても自分を守るために隠し事をするのであって「家族」ではない相手だから隠し事をするのではありません。
隠し事をしたからといって「家族」を思っていないわけでもありません。
母には上のように考えられないようです。
また今の母には、疑問に思い、自分が傷ついたことを自発的に相手に問うことができないようです。
今回の行動は言葉で表さなければ分からないこと(分からなかった)にも関わらず、母は黙り、異状な意志の固さによって継続されました。
考えている内容ではなく、このような行動に出てしまうという現状が悲しいです。

相手が違う考えを持っていることを受け入れる。
なぜ相手がそうなっているのか考える。
難しいことです。

長く続いたコミュニケーションの皆無でしたが、私が話しかけたことにより緩んだようで「これからも「家族」ではないという行動を私が継続する限り続ける」というような意志表示をしていたのに今は話しかけてきます。
よかったと思います。
本当に安堵しました。
私が辛かったように、私の前では強がって「別に生活は楽しいし」と発言した母ですが辛かったのだと思います。
強固な意志の強さ。
必要な時には有効に発揮されますが、発揮されなくてもいい時まで頑張ってしまうので問題です。
(意志の強さは、自分の場合でも意地になったらコントロールすることは難しいし、簡単に変えられるものではないと思いますが。)

私は家族を「家族じゃない」と思ったことがないし、母の状態はどのように変化していくのか今まで通り見守っていきたいと思います。
また、とりあえずは変に買い物で隠し事をしないよう気をつけたいと思います。

さて兄ですが。
実は就職しました。
「今」の話です。
昨日、1日目で「辞めたい」と母に電話してきたとのことで問題は山積みのような気もしますが、自分で「辞めるのは簡単だからまだ様子をみる」と母にメールしてきたので、こちらもとりあえず様子見です。
兄は母を「キチガイ」呼ばわりしたり、コミュニケーションが取れるはずもない(←これは一部分からないでもないところがあります・・・)と言ってみたりする割には甘えまくっているように見えます。
本人達は笑えないでしょうが、私には少し滑稽に写っています。

さて、私は何かを購入するにあたっては敏感になって隠そうとしますが、自分の気持ちまでは隠していないつもりです。
今回の出来ごとも、あまりに辛かったのと、家族3人一緒に暮らしていて、この雰囲気が兄に影響してないかどうかも気になったので兄に相談してありました。
兄とは、当初の通りそれなりにコミュニケーションをとっているつもりです。
兄が私と違う考えを持って意見が一致しなからといって会話を止めるようなことはせず「そういう考えなのか、私と違うね。」と認める?ような努力をしているつもりです。

まだ兄との関係や、兄自身が、前と比べて変わっているのかどうかも判断できません。
まだまだ時間をかけていきたいと思います。
スポンサーサイト
 

Comment


秘密にする

ぽん

ぽん

32歳を目前にブログ始めました。
京都在住。
のほほんのんびりマイペースでやっていく予定の自己満足ブログです。毎日の小さな初めて大きな初めて求めウロウロ・・・


YogaとHugへ

*クリックよろしくお願いします*


よろしくお願いします

人気ブログランキングへ
FC2ブログランキングへ

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

飲食店 レッスン案内 ヨガ スケジュール帳 手作りアクセサリー コーヒー アロマテラピー アロマ 

名前:
メール:
件名:
本文:

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 
Copyright © 2017 ぽんのあれやこれや, all rights reserved.
*Template By-MoMo.ka*